格安航空券で国内出張に行きました

格安航空と大手の差は普通列車と特急列車のようなもの

航空券国内航空券

格安航空の登場で飛行機での出張が基本に : 格安航空と大手の差は普通列車と特急列車のようなもの : 何もないことが最高のサービス

格安航空会社といっても別に飛行機の質が落ちているとは感じませんでした。
機内は清掃も行き届いていて綺麗ですし、チケットの取得から搭乗までの手続き関係で困るような事もありません。
ネットでチケットを手配しておけばいいだけのことですから、特に難しい事をするわけでもありません。
予約が出来れば後は特にすることもありませんから、別に作業時間がかかるという事もないのです。
飛行機は何度か出張で利用していますが、格安航空でも大手といわれているようなところでも別にたいした違いはないというのが自分の実感です。
敢えて言うのであれば、特急列車と普通列車の違いみたいな感じでしょうか。
値段が違うわけですから、ちょっとした外観的な違いはありますが、ただそれだけのことであって、別に快適性が大手の方が格段に良いと感じるようなこともありません。
格安航空の方が凄いと感じるというわけでもありませんが、コストパフォーマンスを考えると格安航空会社のサービスは凄いという事になるのかもしれません。
何しろ数千円で利用できるというのは驚きというよりは、これで大丈夫なのかという不安が出てくるぐらいといってもいいでしょう。
実際に格安航空会社が登場して来た時には、これをネタにして大手の既にある航空会社からは安全性や信頼性について疑問視するような事を言われたりしていました。
ですが、実際に就航していくとなんと格安航空会社の方が事故率が低いというようなデータも出てきているとのことです。
こうなると、これまでの航空会社が企業努力を怠っていたか、格安航空会社の企業努力が凄いのかという話になってきます。
恐らくはその両方だろうという気はしますが、今の格安航空会社のサービスのコストパフォーマンスには驚かされるのもがあるといってもいいでしょう。