格安航空券で国内出張に行きました

格安航空の登場で飛行機での出張が基本に

航空券国内航空券

格安航空の登場で飛行機での出張が基本に : 格安航空と大手の差は普通列車と特急列車のようなもの : 何もないことが最高のサービス

急な出張が決まって格安航空券を手配して国内出張に行きました。
急ではありましたがネットでチケットの有無を調べるとすぐに見つかったので対応できたわけです。
今は航空券も当日キャンセルになったものが格安で売られていることがあるので助かります。
このような急な出張であってもこのようチケットがあれば費用を抑えて出張に行くことが出来ることがわかりました。
これからはこのような格安のチケットが出張の原則という事になっていきそうです。
実際に出張が決まれば予約して割引されたチケットを取る事は今では当たり前になっていますし、今回のように急に決まった出張でも当日キャンセルがあるかどうかを調べてからというのが基本になりました。
このことを考えても格安航空会社の登場というのは大きな意味があったという事が分かります。
以前は飛行機での出張など考えられないところでしたが、今では飛行機が基本でそれでチケットが無ければ新幹線というような感じになっています。
場所によっては夜行バスというような事もありますから、さまざまな移動手段の中から選ぶようになってきたという事も面白いところかもしれません。